凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【71】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜

杜甫という人のことを初めて学んだのは、高校の漢詩での授業でだった。中国漢詩の先生は男性で、当時40歳半ばを過ぎたくらいだったのだろうか。●山先生と言った。漢詩や中国の科挙試験について異常なまでに熱を入れて教えてくれる先生だった。あまりの熱の入れように、引き込まれていったのを覚えている。ある時、先生は現代中国語を使って漢詩を詠んでくれたのだった。その中国語の発音がへんてこりんで、影で友達とくすくすと笑ってしまったのだが、もしかしたら私の中国語への興味の原点はあそこだったのかもしれないと今でも思うのである。ピョンとかチャンとか何かの音を表しているとしか聞こえなかった中国語が今ではそれが一つ一つ意味を持つものだと理解して、こうして現地で生活し、また仕事までしてしまっているのだから人生って不思議なものだ。


杜甫という人物は数々の有名な詩を詠んだ。そんな大人物は成都のここ杜甫草堂で4年間を過ごした。竹私はこのように自分の足で当時●山先生から教わった杜甫の住居に来ている。●山先生はあんなに好きだった漢詩や中国科挙の時代の遺跡にどれだけ足を運んだことがあったのだろうか。


私が高校3年時に大学で中国語を勉強することを選んだことに格別の想いがあったようで、●山先生はとても喜んでくれた。大学入学までの春休みの期間中にも中国語の特訓をしてやるからと、すでに高校を卒業したに私のために春休みにわざわざ学校まで来て特別授業を開いてくれた。●山先生は大学に入って、少しでも基礎があれば皆よりうまくなれるということで一生懸命教えてくれた。ただ、当の私ったら全く聞きなれない、宇宙人が発声するような発音に苦労した。●山先生が教えてくれたとおりに全然発音できない。下を巻いて発音?なんだこりゃ?もう~全然だめだ〜、などど家族に愚痴を言っていたような気もする。


その後大学に入学してあれよあれよという間に私は中国語にのめり込んでいった。あんなにおかしな音だと思っていたのが、私にとってなんとも心地よい音楽のような響きに変わった。●山先生には特にそのような報告をしていなかったのだが、数年後のある日、●山先生が亡くなられたという知らせが突然入った。耳を疑った。まだお若い先生なのに。聞くと、生徒の入試対策などで非常に忙しい日々を送っておられたそうだ。●山先生はいつも生徒のために尽くしていらっしゃった。そんな先生だからこそ、生徒の入試のために少しばかり頑張りすぎてしまったのかもしれない。とても残念だけれど、●山先生は先生たる生業を生涯真っ当されたんだと思う。


●山先生が今の私の姿を見たらなんと言うだろうか。きっと喜んでくれるに違いない。私がここで頑張ることがせめてもの●山先生への恩返しとなるなら、日々文化の違いに戸惑うことも清い心で受け止められる。偉そうでもなんでもなく、●山先生に代わって私が中国の地で色々なことを体験し、天国の先生に報告しよう。そして天国から見守っていてくださいね、先生。


〜続く〜

凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【70】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜

【陳麻婆豆腐のお店】


陳おばさんが発明した麻婆豆腐店が本場四川省にあった!感動した!嬉しい

中学生の頃から美味しいものには目がなく、食いしん坊だった私は当然のごとく、お店に入って賞味することにした。日本でも大人気の麻婆豆腐、その本家本物なのでお客さんでごった返しているかと思いきやおかしいことにお客は数えるほどしかいなかった。ま、そんなことは気にしない。とにもかくにも、早く食べたい!本場の麻婆豆腐が!嬉しい

なんとか注文をすまし、出てきた麻婆豆腐のお味はむむむ、これまで食べたことのない、何とも言えないものだった。美味しくないわけでは決してない。ただし、初めての味ともなると、なんとも表現できない。うわさでは聞いていたが、さらに舌がしびれてくる体験をした。これが、ザ・本家本元の麻婆豆腐というものか!この口の中に広がるなんともビリビリしてくる感覚がこれまでの私の狭い狭い常識を一気に覆した。びっくりびっくり

成都の旅では、辛い物を食べるたびに、この感覚に襲われた。これこそ中国四千年の深い文化の一つだとただただ脱帽だった。

陳麻婆豆腐を後にして、自転車でのお散歩はまだまだ続く。自転車

地図上で見つけた杜甫草堂を目指すのだ。

2018年が明けました!


2018年が明けましたね!
新年皆様いかがお過ごしですか。

私は北京での生活も丸7年が過ぎ、
色々なことにチャレンジを始めて
います。昨年もそんな一年でした。

今年一年も引き続きチャレンジの年
として前進してまいります。
本年も何卒宜しくお願いします!