凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【60】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜

 

 誕生日はクリスマスの一週間前。天気は晴。日本は師走で年末気分。お正月母から買ってもらったモコモコの黒いジャケット(「凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【57】」にて記述) を着た私は香港へ向かった。前回はとなりに友人がいたが、今回は一人。しかも、寒い冬。これからやりたいことをやりに行くのだから、心ウキウキかというと夏のときとは少し違って、心に薄雲がかかったような出発だった。雲


 ところが香港に着くと、私に纏わりついていた薄雲はすっかり晴れた。晴れ気候が暖かいし、何と言っても1年前の香港にすっかり魅了されてしまった私はまたここに身を置くことができる嬉しさでたまらなかった。


 宿は日本人が経営する上海街にあるドミトリーの安宿に決定!一泊千円ちょっと。ここでは、中国入境ビザの取得手続きをサポートしてくれるので、ビザ取得までは、ここを拠点に香港を回ることができる。この安宿、当時からバックパッカーが集う伝説の安宿として有名だった。中に入ると、中国の大学の学生寮で使用されているような二段ベッドがところ狭しと置かれている。数年前のガイドブックを見ると、全18ベッドあるらしい。一応、女性エリアと男性エリアに分かれていた。男女


 夜は、カーテンのようなもので仕切られていたエリアも昼間は仕切りを取っ払い、男女分けへだてなく、交流ができるようになる。この間いろいろな人に出会った。その多くは日本人。中国に旅に出るという人が多かったため、もっぱらの話題はこれからの旅のこと。知らないもの同士でもすぐに仲良くなった。男女


〜〜続く〜〜

凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【59】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜

=====================================================
新年快乐,万事如意!
(xinnian kuaile, wanshi ruyi!)

今日は旧暦のお正月の二日目。
中国式の挨拶をしました。
2017年鳥年が皆さまにとって素敵な一年のなりますこと、
心よりお祈り申し上げます。鏡もち
=====================================================


当時5人家族だった我が家。

 腹の座った支持表明のもと、反対はしていたけれども最後は母に押し切られたじいそして孫を心配して何度も私の中国一人旅を止めようとしていた祖母あちゃ数か月の間ざわつく家の中にいながら、止めても無駄なのだろうということが初めっから分かっていた3つ下の弟りゅうた

 最終的には、家族皆からの支持をもぎ取ってしまった形で、当の本人はそれほど大きなこととは考えもせず、ただただ自分のしたいことをしたいだけといった理由で突き進もうとしていた。

 祖母は、どんなにこの日が来ないでほしいと願っていただろうか。今思うとひどい孫であったと猛省してしまうが、そんな祖母の切実な想いにも寄り添うことなく、私はちゃくちゃくと旅の準備を整えていた。だってどうしても行きたいんだもの、という強い意志が先立っていた。それを断行する日が刻一刻と逼った。

 そして、22歳となったその日に中国一人旅に出発したのである。スーツケース

 前日手渡してくれた、22歳の誕生日と、これから私のする無謀且つ大胆な行いに対する応援を含めた家族皆からのメッセージカードを胸に!女の子

合格しました!中国語通訳案内士試験!

1月17日(火)に大きな出来事がありました!
合格したんですuuu
国家試験の通訳案内士(中国語)の試験にです!

2015年の5月から試験勉強を始めて、2年間を費やしてとうとう合格を勝ち取りました。
今でも信じられない気持ちと、合格したという安堵感&嬉しい気持ちが混ざっています。
当日は携帯からサイトにアクセスをして、受験番号「06880」を探しました。
ありました、ありました、この番号が!サイトを閉じてはまた開き、といったことを
何度も繰り返して確かめましたニコニコ

この資格取得は、私の20代からの夢でした女
でも、当時は問題集を見ただけでぶっ倒れてしまうくらい難しく感じ、
すぐに諦めてしまっていました。

それが、15年の5月に参加した大学の同窓会で知り合った先輩が通訳案内士の資格を
持っているということで、資格取得を勧められました。東京オリンピックが2020年に
行われることが決定し、また来日する外国人も増えてきていましたので、
とても良い機会だと思い、すぐに受験に向けスタートを切りました読書

ただし、試験はまず一次試験が筆記で「中国語」「日本地理」「日本歴史」
「一般常識」四科目。それを全てクリアしたうえで、二次試験の口述試験となります。
しかも、一次試験は2年間ですべて合格しなければ、またゼロから受験のし直し。
一気に合格しないと、大変なのです。

考えただけで気が遠くなりましたが、やるっきゃない!

日本から書籍を取り寄せて、すぐに取り掛かりました。幸い、試験対策に関する
素晴らしいサイトがあったので、それを活用して独学で勉強しました。
それからの2年間、仕事をしながら勉強したので、週末はほとんどすべて
勉強に費やしました。

ブログが途中に中断したのも、実はそのためだったんです。

先月行われた口述試験の前日は緊張で、食事も喉を通りませんでした。
試験を受けに日本に帰っても自宅に帰ることなく、ホテルに缶詰状態で勉強を
していましたあちゃ

そんなこんなを乗り越えて、ようやく手に入れた資格です!
将来的には東京オリンピックも視野に入れて、今後のことを考えていきます〜!
人の役に立つように、今後も精進していきたいと思います〜や





お知らせ:
**************************
今回は『凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【59】
〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜』はお休みします。
**************************