凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【66】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜

2種類あった中国の通貨


広州では、ちょっとしたハプニングがあった。驚き


当時、中国のお金には2種類あった。一つは、中国の人たちが通常使用する人民元。もう一つは、外国人などの特定の人達しか持つことができなかった外貨兌換券。日本円を中国のお金に交換すると、外貨兌換券がもらえた。外貨兌換券では、一般の中国の人達が買うことができないような品物を買うことができたのだ。おそらくそれは外国製テレビであったりと、ちょっとした高級品というものだったと記憶している。テレビ


ちょっと特別な外貨兌換券なので、中国の人でこの外貨兌換券を欲しいと思う人は少なくいた。北京では人民元と交換してくれないか、と言ってくる人の話をいくつか聞いたことがある。


私は事情があまり分からない若造だったので、こういうことにはあまり触れないようにしていたのだが、急遽どうしても手元に人民元が必要となったのだ。


広州駅から少しだけ離れたところに商店街が立ち並んでいた。ここなら、外貨兌換券を人民元に交換することはすぐできるだろうと思った。


お店の店主の男性に早速聞いてみると、外貨兌換券を見て不思議そうな顔をしている。お金そうかと思ったら、こんなもの知らん。金じゃない。と言い出す。彼の顔をまじまじと見たが、彼は本当にこの外貨兌換券の存在を知らないようだった。こんなおもちゃで俺をだまそうというのか、くらいな勢いになってきそうだったので、すぐにその場を離れた。私はとても驚いた。北京では、すぐに交渉成立しそうなものを、交渉を拒否されるとかいうのではなく、知らないということで交渉にすら辿りつけず幕が引かれたのである。


このとき分かったのは、中国にあった2種類のお金の存在について、知らない人もいるんだということ。それだけ、外貨兌換券というのは特別なものなわけで、私は特別な権利を持っているということ。したがって、むやみやたらに提示したり、(当時私はむやみやたらでなかった、ただ無知だっただけ。)自らの特権をおおっぴらにしてはいけないのだということだった。


この外貨兌換券、1995年に廃止となり、お役目が終了した。お金お金
あのときに、どのように人民元を工面したのかは忘れたが、そのおかげで外貨兌換券は交換されずに私の手元に残ったのだろうか。私の当時のアルバムの中にそのままのものが残っているのだった。



〜〜〜続く〜〜〜

暖かくなりましたね。

北京は随分暖かくなりましたよ。
今日、こちらの天気予報は最高気温18度でした。


北京は灰色の冬の世界から色のついた世界に変わろうとしています。
家の前の木蓮も白い方がもうすぐ満開です。
紫色のほうはこれからどんどん花が咲きだしますよ。花花


北京は春と秋が短いので、あちこちに行くのに苦ではない、
この時期にいろいろと遊ぶ計画を立てるようにしています。


特に春は大好きな夏を迎える前の季節なので動かずにはいられませんね。


日本ではそろそろお花見の時期ですよね。花
桜の花はやっぱりいいですね。花
今年も日本では見ることができません。


北京にあるいくつかの場所で日本のとは少し異なりますが、桜があるので
それを観に行こうかと考え中です。


さて、皆さんはどんな春を迎えてますか。春


⁂ 『凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【66】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜』は今回はお休みします。ごめんなさいね。

凛子的簡歴(凛子の履歴書) 【65】 〜大学卒業記念 冬の中国自由旅行〜

⁂⁂⁂ 広州でワゴン式ルンルン飲茶 ⁂⁂⁂

 忘れられない広州での食事があった。高校生のときからお一人様行動に抵抗がなかった私だが、もちろん一人旅の食事もお一人様。中国の料理は大勢で囲んでワイワイとするもの。お一人様だと一皿のおかずでもうお腹いっぱい。いろいろな種類のおかずを試してみたくてもなかなか難しいのである。


 それが、広州ではいろいろな種類のものを食べることができる食事スタイルがある。それが、飲茶。広州のひとたちは、朝から午前中にかけてお茶を飲みながらゆっくりとこれを楽しむ。お一人様にもってこいではないか。


 もうかれこれ20年も前のことなので記憶が定かでないのだが、旅の途中に何度か通った飲茶のお店がある。広州の華僑友●酒店の2階にあった広州料理のお店。いつも朝お世話になっていたので、おそらくどこかの時点でこのホテルに泊まったんだと思う。


 私はそこで初めてワゴン式飲茶というのを体験した。朝から人ですでにいっぱいとなっているレストランの中を所狭しとワゴンが行き来する。ワゴンを動かす服務員さんとお客さんとで朝から楽しいやりとりが交わされる。この独特の食文化、またワゴンという道具の醸し出す雰囲気は一気に私の心を掴んでしまった。


 忙しそうにくるくる席を回るワゴンはたくさん積み重なった蒸籠を載せている。いろいろな点心(肉まんやシュウマイなどの飲茶の種類)がつまった蒸籠からは食欲をそそる湯気が出ている。席の近くにワゴンが来ると蒸籠の蓋を開けて中身を見せてくれる。そこで食べたいものを指させばOK.服務員は私が選んだ蒸籠をテーブルに置いてくれ、私の注文票の中のこの飲茶の欄にポチッと印鑑を押すのだ。この印は、お客様はこれを選びましたよという合図。初めはその印鑑を押す場所が金額によって異なっているのを知らなかったため、想像以上の金額を取られてしまったこともある。


 毎日食べても大丈夫なくらい餃子が好きな私は、飲茶も大好物。飲茶といえば、横浜中華街で食べることができるという認識しかなかった当時としては、ここではお手軽お気軽に本場のものを食べることができる夢のようなレストランだった。しかも美味とあって、毎回ワクワクしながらの食事だった。


 飲茶といえば、ワゴン式でなくっちゃ!という概念が私の中に出来上がったのは確かにこのときである。


〜〜〜続く〜〜〜